新しいベトナム現地の日本語教育をホーチミン市で開講しました

本年6月15日よりベトナム・ホーチミン市にて、日本での就職を目指すベトナム人機械加工・機械設計・電気制御技術者を対象に、日本語力やビジネスマナーを習得し、日本で活躍するための力を養成する教育プログラムをスタート致しました。

2019年よりダナン工科大学内で就職の日本語教育を実施し、そのプログラムを改善した新しいプログラムの開始から1か月が経過し、一定の成果が出てきましたのでお知らせします。

プログラム開始1か月が経過し、学習者からは以下のような感想が出てきています。

「他の日本語センターでは、会話のクラスは週1~2コマで先生ひとりに生徒が20名と自分の順番がなかなか回ってこないので会話の練習ができません。One Terrace日本語コースでは、少人数で毎日先生と会話ができ、聴解も会話も上達を実感しています。毎日日記やテーマに沿った作文を書いているので、自分の伝えたいことをうまく伝えることができるようになってきています。」

「One Terraceのカリキュラムでは、徹底的に文法の復習をします。N4までの簡単な文法を徹底的に復習し、確実に使えるようになる練習をします。簡単な文法でわかりやすく伝える練習を行い、コミュニケーションに自信がつきました。」

「日本語のクラス以外に、ディスカッションのクラスや、日本で働いたエンジニアの先輩による日本での働き方の講義もあり、とても面白いです。自分が日本で働く姿をイメージしながら、さらに日本語の勉強を頑張ろうという気持ちになります。」

<プレスリリースはこちら>
<育成した人財の紹介はこちら>