外国籍社員の早期戦力化のための育成プログラムを提供開始します

外国籍社員を早期戦力化する育成プログラムの提供を2月3日(月)より開始いたします。これにより、外国人材を採用する企業の育成課題を、実践的な研修手法を通じて解決することを目指します。

【これまでのプログラムの課題】
日本人新入社員と一緒の研修でオンボーディングを検討されるケースがみられますが、日本語力や商習慣の理解以上に、外国籍社員のコミュニケーションギャップによる能力発揮がしずらい状況が生まれています。例えば、上司が指示を出した段階においては、互いの認識に相違ないと思っていても、実際に仕事を進めだすと、指示通りの行動を取っていない。外国籍社員の理解においては指示通りに動いているという認識のギャップが生まれています。

【新しいプログラムによる解決】
外国籍社員の早期戦力化「外国籍社員のためのスタートアップ研修」によるソリューションとして、日本企業で働くための基礎研修として、ビジネス基礎スキルやビジネスマナー、仕事の進め方などを踏まえつつ、コミュニケーションギャップにフォーカスした実践的なプログラムにより、職場での早期戦力化を目指します。

【外国籍社員のためのスタートアップ研修概要】
時間:12時間(6時間×2日)
費用:50,000円~(税別)/お一人様
※講師派遣による個社別カスタマイズ。プログラム詳細は別途お問い合わせ。

<プログラムぺージ>

<プレスリリースはこちら>